住まいにおける家具の配置は意外にも重要性の高い部分。普段どのような置き方をしているかで印象が変わってきます。

住まいの家具配置について

住まいの家具配置について

住まいの家具配置について

住まいは自分達の最も影響する場所であると同時に、自分達の個性や人格も顕すと言っても過言ではありません。基本的に自分の部屋はそのまま自分の趣味が反映されるので、最も人格の問われる部分です。例えば、風水的にアウトなところが多い家具配置だと、オカルト系の話を信じない現実派の性格なのだろうとある程度予想はつきます。このように、家具の配置だけでも人間の個性を表す重要な部分であることがよく解ります。自分が住むだけならまだしも誰かと同棲していたり、家族がいる人などはその重要性をよく理解しているはずです。

ではどのような家具配置が良いのでしょうか。基本的に、自室の家具配置は自分で決めるのが最も良いのですが、最低限の風水マナーは守ることに留意しましょう。例えば、就寝中に自分の姿が映る位置にある鏡は風水的にはアウトです。その他にも玄関にドライフラワーを置いたりしてもダメです。このように、ある程度の風水マナーを守ること以外は基本的に家具配置は自由が望ましいです。部屋は個性を表しますから、自分の思い通りにやるのが気持ち的にも良いことです。ですが、自分が行動する範囲、動線の間に家具を配置すると部屋そのものが汚れてしまうので、自分が移動する動線にはものは極力置かないようにしましょう。

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.