住まいを選ぶときに賃貸と購入、どっちがいいか大きな金額だけに迷いますね。リスク管理の面から考えました。

住まいの家具配置について

住まい賃貸と購入どっちがいいか考えました

私が育った家は、土地がある会社のもので、建物だけ自分名義です。こんなことは特別だと思っていたのですが、地域によってはあるようです。しかしよく考えてみると住まいとして落ち着かないですよ。居住権があり会社は勝手にできないと思ってもよその土地です。社長が変わったら考え方も変わるだろうし不安定だと思いました。

そんな家で育ったので、結婚したら一戸建てを購入しました。これですべて解決かと思ったら、高いローンを一生払っていくリスクを感じました。家賃もつらいですがローンもつらいです。おなじつらさだったら、賃貸よりは最終的に自分のものになるので、購入のほうがいいと思う方もいるでしょうね。

しかし一戸建てはメンテナンスも必要でした。20年たつとお風呂が壊れました。近所の方は外壁も塗っています。外壁だけで100万するようです。いちばん困るのが屋根ですね。きっと、200万から300万かかります。フローリングや内装を変えると、500万以上考えておいてちょうどいいくらいです。ローンの利子に1000万以上。これなら定年になって一戸建てを建てるのがいいと思いました。中古住宅で十分です。マンションよりも一戸建てが高齢者には向いています。

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.