夏になると、住まいに関して悩みが出ます。虫です。ゴミをためないなどの努力をしてなんとか乗り切っています。

住まいの家具配置について

夏場に増える住まいの悩み

夏場の住まいに関する悩みといえば、虫に関するものが多いと思います。最近は部屋の中が一年中快適な温度に保たれていることが多いので、ゴキブリなんかは1年中出ますが、ハエやムカデ、蟻などは夏場がシーズンです。特に住まいの中にハエが飛ぶようになると、いかにも家の中が不潔という感じがして嫌な気持ちになります。しかしこれは仕方がない面もあります。夏になると食べ物もすぐに腐ります。キッチンの生ゴミコーナーは毎日掃除しなければ、すぐに嫌な臭いを発してコバエが飛ぶようになります。虫の発生源を特定し、対処することが必要です。

我家にも毎年夏になるとハエやムカデが顔を出します。マンションのほうが虫が少ないといえると思います。特に蚊やハエのような飛来系の虫は、高層階までは入ってこないと言われています。住まいを選ぶ時は、ゴミ出し環境も重視すべきだと思います。今は全国的に燃えるゴミは週2回しか出せないところが多いと思いますが、マンションでは毎日24時間いつでも出せるところがあります。生ゴミを家の中に3日置いておけば、嫌でもハエがきますので、毎日出せるところはありがたいと思います。仕方がないので現在は生ゴミの口を何重にも縛って臭いが漏れないようにするなど、工夫をしています。

関連リンク

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.