マンションや一戸建て、自分のイメージや個性が生かせる住まいを探して、生活観のある毎日を送って行きたいものです。

住まいの家具配置について

自分が大切にしたい住まい

私は2011年に新築の建売一戸建てを購入することができました。一戸建てを選んだ理由としては、自分の好みに家の周囲をアレンジできて、個性を生かした生活が実現できることでした。分譲マンションなどは、セキュリティーがしっかりしていたり、ゴミの収集場所が設定されていて出しやすい、また共同で使用できる特別な施設が設定されている場所もあると思います。もちろん魅力的な部分は多くありますし、便利で快適な生活ができるはずです。また駅から近いなどの好立地が高く評価されていることもあるでしょう。

その点に比べ一戸建ては、自分の好きなように自分の家をアレンジできて、自分だけの世界観やイメージを存分に生かした生活ができることが最大のメリットだと思っています。1坪程度の家庭菜園や花壇を作れば一年中栽培の楽しみを得ることができますし、室内も自分のイメージを生かしたアレンジができるはずです。もちろん個人個人が大切にしたい生活観は違うと思います。だからこそ自分の暮らす住まいは自分らしくあるべきだと思うのです。一生に一度の買い物である人がほとんどのマイホーム。マイホームだからこそ自分のほしい要素や条件を十分に生かせたモノをチョイスして、生活観のある毎日を送って行きたいものですよね。

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.