住まいというものは人それぞれかと思いますが、価値観というものが大きく表れるものとなります。

住まいの家具配置について

住まいに関する私の価値観

住まいというものは人それぞれかと思いますが、価値観というものが大きく表れるものとなります。人生についての考え方がとてもクリアーな人、またはただ単に大勢の人がしているようにという漠然とした考え方の人など本当に色々です。でもかつては終身雇用、そして新築一戸建て、核家族化といったライフスタイルがいわゆるサラリーマンの普通の生き方でした。それが機能していた昭和時代においてはそれでも良かったのです。

ですが平成に入り、今ではそれぞれの人生に責任を持たなければいけない世の中になってきました。自分が人生に何を求めているのか?をよく分かっていなければ、安易に一戸建て購入するというのは難しい時代です。まず仕事に安定を求める事が非常に厳しくなっています。また治安についても然りで、その点についてはマンション住まいの方がより好まれていく時代になって行く事でしょう。

今後TPPなどにより、さらに多くのアジアからの外国人労働者が流入して来る事は間違いありません。セキュリティに重きを置いた住まいの購入という考え方にもっと比重が傾く事は、容易に想像できます。また家族の幸せという価値観を達成するための田舎暮らしを充実させる物件も、ニッチ分野であっても盛り上がっていくことでしょう。

関連リンク

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.