一軒家は隙間風があり冬場は冷えますので、しっかり対策をとれば温度差の少ないお年寄りに住み良い住まいになります。

住まいの家具配置について

住まいは人の変化に合わせて快適に暮らせるようにしましょう

住まいは毎日家族が生活する空間ですから、とても大切な場所です。そして時が経てばその生活の空間に求める条件も、変わってくる事でしょう。特にご高齢になるにしたがって住まいの方を、人に合わせる事が必要でしょう。安全の為に手すりを取り付けたり、入浴し易いように浴室をリフォームするなど変化が必要です。マンションの場合はそれ程ではありませんが、一軒家の住まいですと、冬場はどうしても室内温度が下がりがちになりますので、対策が必要です。大きな窓には、厚手のカーテンをするだけでもかなり違います。その際はカーテンを床までしっかりと垂らす位長くすると、下からの冷気を遮断できて効果的です。

階段の窓などカーテンが難しい場所には、二重のサッシにするなども効果があります。とにかく一軒家はマンションよりとても隙間風がある住まいですので、できる限りそれを防げば家の中で温度差の少ない、お年寄りにとても良い環境になります。その意味では浴室に専用の暖房システムを取り付ける事も、大変効果がありますので、安全面においては優先すべき事柄と言えます。住まいは人の変化に合わせて住み易く工夫し、家族の皆が快適に生活できてこそ、本当に素晴らしい住まいと呼べるでしょう。

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.