私にとって住まいとは家族の憩う場所です。仲良く楽しく住めれば他に大して求めるものはありません。

住まいの家具配置について

住まいとは家族の憩う場所です。

私にとって住まいとは家族の憩う場所です。今まで賃貸アパートから始まって、賃貸マンション、一戸建ての持ち家に住んでいますが、結局自分の中にこだわりというものは大してありません。住めればいいです。多分それは多くの方にとっても同じではないでしょうか?本当に求めているもの、それは家族が愛し合って毎日平和に健康で暮らせる事ではないでしょうか。昔若かった頃はバカな幻想を抱いていました。マイホームがどうとか、一軒家にこだわりがありました。

でも実際に夢を手に入れてしまうと、もうそれは夢ではなくなってしまう事に後で気が付きました。つまり現実何が残ったかというとローン地獄です。自分がこれから何十年とこの額を払い続けて行かなくてはいけないのかと思うと正直しんどいです。これはもしかすると人生の大きな足かせになるかもしれないと思いました。私は昔新築一戸建てを買うためにがんばっていた頃の事を思い出して、あの頃の方がむしろ良かったと思う事があります。

部屋は小さくともみんな楽しく過ごせていましたし、今と変わらずやってました。家を買ったからといってより幸せになったかといえばよく分かりません。ただ、不安が増しました。もし仕事が減って給料が減ったりしたら、とか自分が病気にかかったりしたらどうしようかと思うと辛いですね。ですから住まいというのは究極家族が一緒にいられる場所であれば何でもいいと思うようになりました。

関連リンク

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.