私は住まいというものは、それぞれのライフステージに応じて変わっていくものだと思っています。

住まいの家具配置について

住まいに対する考え方

私は住まいというのは、それぞれのライフステージに応じて変わっていくものだと思っています。住み替えていくというのが自然だと思っています。仏教用語で無常という言葉があります。全てのものは変わっていくのです。ですから変わらないように踏ん張ってしまうと、むしろそれが辛い生き方になってしまいます。あなたが独身でいたときは当然ワンルームマンションで住んでいたでしょうし、結婚してからは1LDKか2LDKのアパートで新生活をスタートしたことでしょう。

同じように、子育ての段階とそれから子育てを終えてからの住まいも違って当然なのです。そして老後を楽しむための住まいのあり方も考えていかなくてはなりません。そうした事を踏まえると、不動産物件の購入というのは一生の買い物と言えるでしょうか?いくつも買い替えていける余裕を持つべきです。そのためにはよく不動産事情に詳しくなっておく必要があります。そういう事が難しいというのであれば、賃貸で一生過ごすという考え方も十分ありなのです。

いずれにしても一度家を購入したらもうそれでおしまいという事にはなりません。私はそういう状態を最初からあらかじめシミュレートしておくべきだと思います。

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.