住まいと子育て。引っ越しの際は大人の事情だけではなく、子供の目線に立った条件を取り入れ安心できる子育てを。

住まいの家具配置について

住まいと子育てに関する事情

子育てに於いて肝心な事の一つとして『住まい』に拘る環境が大切といっても過言ではありません。子育てしやすい環境とは、近くに交番があることも安心材料の一つですが、幼稚園や小学校などが近くにあり、地元住民の防犯意識が高い街であること。治安の良さが第一です。車の往路が激しい道路があったり、人影のない公園が近くにあったりすると、それだけで不安です。

できればシニア層が通学路の安全を見守る。そんな大人の目が多くある街なら良いですね。念願のマイホームや高層マンションへの引っ越しの際は、金額や通勤の利便性、塾までの近さなど大人達の事情だけではなく子供の目線に立った条件も視野に入れてください。また、立地だけではなくご近所トラブルも多くなっています。

せっかく手に入れたマイホームを近隣問題のおかげで精神的に疲れ果て泣く泣く手放したという事例が増えているのも事実です。引っ越し前にその環境を把握するのは難しいですが、引っ越し前に出来る事として例えば引っ越し先の近所のスーパーで買い物をして、どのような年齢層の人が多く買い物しているのかなど公共機関を利用して下調べするのもひとつの策です。近くに子供と同じ学年の子供がいれば転校もスムーズに行き、子供達の方が先に、街に馴染むかもしれません。住まいと育児は切っても切れない関係です。

関連リンク

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.