東京都内で賃貸の住まいを探すのに下町である足立区、荒川区、墨田区が有利だということを書いてみました。

住まいの家具配置について

東京都内の住まいの探し方

住まいを探す場合に、東京都内でしたら交通アクセスとしては、地方と比べても目的地に至る時間が非常に短いので、通勤にしろ娯楽にしろ便利だという感じがします。東京都内の電車のひと駅と地方の電車のひと駅の時間の違いは、両方に住んでみてもよくわかります。賃貸物件を探す場合でも、交通アクセスの面では、都内ではどこからでもあまり変わりませんから、比較的家賃の安い足立区や荒川区、墨田区当たりの物件は狙い目だと思います。特に足立区は、その中でもみつかりやすいのではないかと思います。東京の都心に向かうベットタウンということで、北千住や綾瀬方面も探して見る価値があるのではないかと思いますが、私も東京都内に住んでいた時には、そちらの方面から探しました。

都会での住まいの場合には、あまりにも多くの人達が住んでいるので、それぞれの地域が独立した雰囲気があり、住まいでも色々な住まいがあるので、よく調べてから選ぶべきだと思います。だいたいは山の手と下町に分かれていて、その中間的な地域などもありますが、そのような地域は、後からベットタウンのような役割で住まいが増えてきた地域のように思います。仕事が増えれば、職場も増えますし、住まいも増えざるを得ません。東京都の賃貸関係の住まいでも、そのような地域を知ってそこから探すようにするのが現実的だと思います。その点では下町といわれている足立、荒川、墨田あたりも狙い目ではないかと思います。

関連リンク

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.