自分の住まい空間を理想に近づけるためには、厳選した被服に囲まれ、かつ、常に空間を片付いた状態にすることです。

住まいの家具配置について

自分の理想の住まいについて考えてみました。

毎日生活をする住まいについて、みなさん、様々な理想があると思います。今回、私も、自分の理想とする空間について考えてみました。まず、自分の場合は、被服を衝動買いすることが多く、その失敗について、よく後悔します。そのため、そのような失敗した被服品を見るとなんとなく気分が盛り下がってしまいます。このような気分を味わうことがないように、自分が厳選したお気に入りの被服のみに囲まれて生活したいと考えます。

次に、自分の理想とする空間は常に片付いていることが理想です。片付いてさえすれば、出かけても気持ちよく帰宅することができますし、自分が何かの作業に取り掛かろうとする作業にいつでも取り掛かることができます。くつろぐときも快適です。また、物を探すことに時間をかける必要もなくなるので、イライラすることも減ります。

以上のことから、自分の理想の空間をつくるためには、被服を購入する際に、衝動買いをせずにいつも自分が厳選したものを選ぶように注意深く買い物をするようにし、さらに、物を片付けることを簡単にするために、できるだけ自分の空間にあるものを減らし、決まった場所に決まったものを片付け、常に片付いた空間を保つようにすれば良いと考えます。

関連リンク

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.