住まいを建てるために間取りを考えるのならば、まずは空間を大きくゾーニングして考えてみると良いです。

住まいの家具配置について

住まいの間取りを考えてみよう

住まいというのは、結局住む人の空間を作り出すための場所です。なので、最大の目的はそこで自分が何をしたいのか、ということになります。この何のための空間を生み出すのか、というゴールの部分から遡って間取りを考えていくと、住まいを建てるときにも間取りをイメージしやすくなります。まずはだいたいの敷地面積や部屋数を数値化して、それぞれのスペースを何をする場所にするのか、というゾーニングを行っていきます。家族が集まるゾーン・一人でゆっくりするゾーン・家事炊事ゾーン、などといった具合に大まかに考えていくのがポイントです。最初から細かく考えすぎると失敗します。

次に、だいたいゾーニングが出来たら暮らしの動線を思い浮かべてみましょう。自分が朝起きてから夜寝るまでの具体的な行動を思い浮かべて、ここがこういう間取りだと動きが遮られない、という具合に場所を考えていきます。他にも、時間軸で考えてみることも有効です。今は一人だけれども将来す子どもが出来る予定とか、介護の必要性が出てくるならば、リフォームしやすい間取りも必要でしょう。また、細かい所ですが、ドアの開き方も空間に大きく影響してくるポイントです。内開き、外開き、引き戸式、など色々あるので、実際に展示場に行って感じだけでも味わってみましょう。

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.