自分の将来の住まいとしては、やはり一戸建て住宅か分譲マンションに住んで一国一城の主になりたいですね。

住まいの家具配置について

将来の住まいは一戸建て住宅か分譲マンションがいいですね。

人間の住まいとしてはだいたいアパート、マンション、一戸建て住宅の3形態に大別されるのではないでしょうか。一般的にアパートというのは学生さんや若い独身の方が多く居住し、マンションは夫婦や子持ちの家族、あるいはお金持ちの人、例えば著名な芸能人や大きな会社の社長等が居住しているイメージが強いのではないでしょうか。3形態とも選ぶに際し、あるいは居住してから何かしらのトラブルがあったりはするようですが、人はよく、住めば都と言います。

ただアパートに関してはいつまでも家賃を支払わなくてはいけないというのが当然の義務になりますので、やはり将来的に居住するにはやはり一戸建て住宅か分譲マンションが私はいいのではないかと思います。今のアパートはマンションと見間違うような高い家賃の物件もあります。ですから、そういったアパートに毎月高い家賃を払って住むのであれば、一戸建て住宅や分譲マンションを購入して家賃分を住宅ローンに当ててしまった方がいいのではないかと思うのです。

ローンがあっても自分の名義になっているのであれば、それは紛れもなく一国一城の主と言えるのではないのでしょうか。ただ自分が永住できる住まいを見つけるのはそう簡単なことではありません。住まいを決めるのもローンを決めるのも慎重でありたいものです。

関連リンク

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.