子育て真っ最中の若い世帯には、小さな子供達が安全に楽しく暮らせる、明るい住まいが必要です。

住まいの家具配置について

子育て世帯の安全で明るい住まい

結婚してから数年が経ち、新しく生まれた小さな子供達の子育て真っ最中の若い世帯には、小さな子供達を育てるに相応しい住まいが必要です。小さな子供達を持つ世帯では、親が僅かな間でも子供達から目を離す訳には行きません。ですから、お母さんが家事の最中でも常に子供達が視界から離れない様に、お母さんの家事の場所と、子供達が遊んだり、お昼寝をしたり出来る場所を隣接させる等の工夫が必要となります。お母さんの家事に必要な広さと設備、子供達が十分に動き回るのに必要な広さと安全性の確保、これらを住まいの設計に盛り込む様にしましょう。

又、子供達が小学生位になれば、親が何時でも子供達を見ている必要は無くなりますが、小学生の子供たちが健やかで安全に暮らすのに相応しい環境が必要になります。子供達の好奇心を満足させる様な遊び心を持たせたり、休日のお父さんと子供達が楽しく遊べる様に、壁や床には安全な素材を用いたり、明るい陽射しの差し込む部屋となる様に天井を吹き抜けにしたり、窓の大きさや位置を工夫する等したいものです。

子育て真っ最中の若い世帯の住まいは、何時でも子供達や、子供達を見守るお父さんお母さんの笑い声が絶えない明るい住まいとなる様に、若い世帯に合わせた工夫を設計にも盛り込む様にしましょう。

関連リンク

Copyright (C)2017住まいの家具配置について.All rights reserved.